FXスキャルピング 難しい理由。

スキャルピングの経験が浅いFXトレーダーは、数分で数万円のお金を稼ぐことが可能なスキャルピングは簡単である・スキャルピング時に損切りの決断をするのは難しいことではない・スキャルピング手法をマスターすれば、fxスキャルピングで億万長者になれると本気で思っている・スキャルピングで痛い目にあう人がいる現実を都市伝説だと思っている・スキャルピングで勝ちまくる今の状況が永遠に続くと思っているの5つの共通事項があります。これに分類されているときは、FXスキャルピング難しいという悩みをもつことなく、FXスキャルピング楽勝と思い込んでいます。

スキャルピング経験がそれなりにあるFXトレーダーは、短期間で勝負が決まるスキャルピングは難しい・スキャルピング時に損切りする決断ができなくて困っている・スキャルピング必勝法なんてものはこの世に存在しないことに気づいてしまった・リスクをとることに億劫になってしまった・スプレッドが狭い海外FX口座でスキャルピングするようになったなどの共通事項があります。これに分類されているときは、FXスキャルピング難しいという思考になります。今回は、FXスキャルピング 難しい理由。についてかいていきます。

FXスキャルピング 難しい理由。

FXスキャルピング難しい理由には、自分の金を儲けたい欲望のコントロールができなくなるから。&自分の予想が的中すると信じ込む習性があるから。& 変化し続ける為替相場環境に対応し続けないといけないから。&自分以外のFXトレーダーの意見を鵜呑みにしてしまうから。&様子見をする選択をすることができないから。&自分にとって都合のいい意見を鵜呑みにする習慣があるから。&スキャルピング手法のルールを破ってしまうから。&経済指標の数値どおりに通貨ペアが動かないから&要人の発言によってスキャルピングの結果が変わるから。&どうしても短期的な視点でしか為替相場を見ることができないから。などがあります。

1.自分の金を儲けたい欲望のコントロールができなくなるから。

自分の金を儲けたい欲望をコントロールして、低レバ・低ロットでスキャルピングをしているうちはスキャルピングで勝ちまくりだったのに、自分の金を儲けたい欲望のコントロールができなくなり、ハイレバ・高ロットでスキャルピングしているうちはスキャルピングで負けまくりに。これらの両方を体験しているFXトレーダーはスキャルピングの勝ち方を理解しています。

2.自分の予想が的中すると信じ込む習性があるから。

FXスキャルピングを難しいと感じているかつ・スキャルピングで勝てない地獄にはまっている人は、自分のスキャルピング予想がすべて的中すると信じ込み、国内FX口座でスキャルピングをしています。それと比べて、FXスキャルピングを簡単と感じているかつ、スキャルピング勝てるのスパイラルに入っている人は、自分のスキャルピング予想が外れる前提でスキャルピング戦略を組み、国内FX口座でスキャルピングをしています。これらのうち前者でいると気持ち的には楽ですが一生FX負け組人生を送ることに、後者でいると気持ち的にはきついですが、FX勝ち組になれます。

3.変化し続ける為替相場環境に対応し続けないといけないから。

FXスキャルピングを難しいと感じる理由は、変化し続ける為替相場環境に対応しつづけなければいけないという事実に気づいてしまったからというものがある。この理由をしらないときは、為替相場環境の変化なんてないだろ、ただ淡々にスキャルピングしていくだけという思考になっていますが、変化し続ける為替相場への対応が重要と気づいたときには、為替相場が変化しうる要素を探していかなければならないという思考になっています。

4.自分以外のFXトレーダーの意見を鵜呑みにしてしまうから。

FXスキャルピングを難しいと感じることが多いFXトレーダーは、ネット上にいるFXトレーダーの意見を鵜呑みにする傾向がありますし、FXスキャルピングを簡単と感じることが多いFXトレーダーは、他人は他人で信じられるは自分だけという信念を持っている傾向があります。

5.様子見をする選択をすることができないから。

FXスキャルピングを難しいと感じることが普通になっているFXトレーダーは、一番重要なのはFXスキャルピングの回数を増やすことであり、為替相場で様子見することは重要ではない。それと比べて、FXスキャルピングを簡単と感じることが普通となっているFXトレーダーは、一番重要なのは為替相場を様子見することであり、FXスキャルピングの回数を増やす重要度が低い。これらのうち前者でいるうちは、スキャルピングで苦戦を強いられますが、後者でいればスキャルピングで苦戦を強いられることがあまりありません。

6.自分にとって都合のいい意見を鵜呑みにする習慣があるから。

FXスキャルピング中に負けているかつ・FXスキャルピング難しいと感じているときは、自分のことを信じることができなくなっており、自分にとって都合のいい意見を鵜呑みにする習慣があります。これに当てはまると、自分の都合のいい意見である、通貨ペアpositionの損切りをしなくてもいいという意見を鵜呑みにしてしまい、通貨ペアのポジションを損切りする決断を遅らせることになります。

7.スキャルピング手法のルールを破ってしまうから。

FXスキャルピング手法のルールを守り抜くことが功を奏して、スキャルピング取引で10pips獲得完了の回数が20回になるという結果を得られた。これに分類される人は、自分の都合でスキャルピングのルールを破ることもない。

FXスキャルピング手法のルールを破ることが悪い方向に働き、スキャルピング取引で50pips損切りの回数が10回となるという結果を得られた。これに分類される人は、スキャルピング手法のルール固定化をしていくことを第一目標にしよう。

8.経済指標の数値どおりに通貨ペアが動かないから

FXスキャルピングをしていると、経済指標の数値どおりに通貨ペアが動かないお陰でスキャルピングで利益がでたり、経済指標の数値どおりに通貨ペアが動いたお陰でスキャルピングで損失がでたりします。こういう体験をしているうちに、経済指標の数値どおりに通貨ペアがうごかないから、海外FX口座での経済指標スキャルピングは難しいという事実に気づきます。

9.要人の発言によってスキャルピングの結果が変わるから。

FXスキャルピングをしていると、要人が発言しなければ、スキャルピングで10pipsの利益がだせていたのにとか、要人が発言したおかげでスキャルピング40pipsで利益をだせたのにとかいう感想を残します。こういう感想を残しているうちに、要人が発言する前提でスキャルピングをしよう、要人が発言しない前提でスキャルピングをしようという行動をとれます。

10.どうしても短期的な視点でしか為替相場を見ることができないから。

FXスキャルピングを難しいと感じている人は、長期的な視点込みでスキャルピングをしていかないといけないことがわかっているのに、短期的な視点だけでスキャルピングをしてしまう。逆に,FXスキャルピング簡単と感じている人は、常に長期的な視点こみでスキャルピングをしています。これらのうち前者はロット管理ができないFXトレーダーであり、後者はロット管理ができるFXトレーダーである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする